非常勤最先端をやめようと考えている

今ニートなのですが、目下勤める場合ををやめようと考えている。そこで離職事情をどうすればいいか苦しむ。基本的に離職事情というのは、下手に戯言をつかずになるべく真相を言ったほうが良いのだろう。戯言の事情だと後から妨害が起こる公算を感じる。特に非常勤端が身近なので。しかし真相を言うといっても、そのままのことを言うのではなく、単語を変えたり、オブラートに包んですようなワードにすると良いのだろうなとおもう。少し極端なサンプルだと、「父兄の介護をする必要があるので、それに時間を取られる結果続けられない」ので、しかしじつは困難をすれば続けられる件。でも私の場合は本当に父兄のコンディションが良くなかったりするので、全くの嘘にはならない。最近は父兄の介護の相談は増えているので、深刻に思えるかもしれない。まぁ、そもそも離職理由で考え込む件というのは、仕事のリーダーや店の方に何か問題があるに関してだから、まず非常勤端を捜し出す時に、辞めてから妨害が起こらないことを考えておくべき何。そんなことを毎日考えていた。